beautiful girl

敏感肌用のクレンジングにも種類がたくさんある|ランキングを参考

肌に合ったタイプを選ぶ

スキンケア

オイルタイプは避ける

大人になってから肌が敏感になってしまった人は、ホルモンバランスの乱れや紫外線が原因と言われています。ホルモンバランスの乱れが原因という人は、規則正しい生活を送ること、ストレスを溜めない生活を心がけることが大切です。紫外線の影響を受けて肌が弱ってしまった人は、紫外線ケアを徹底することが重要となります。UVクリームを顔、体全体に使用して、肌に悪影響を与えるメラニンの増加を抑えます。クレンジングにはオイルタイプ、クリームタイプ、リキッドタイプとミルクタイプがあります。この中で敏感肌の人が避けたいのがオイルタイプです。オイルタイプのクレンジングは、落ちすぎてしまって肌になくてはならない皮脂まで落ちてしまうことがあります。

天然のオイルが良い

敏感肌の人は肌に負担をかけないのが鉄則です。クレンジングをするときは手を清潔にして、力を入れ過ぎないようにします。手のひらを使用すると余計な力が加わってしまうこともあるそうです。力が入りにくい中指と薬指を使用してゆっくりマッサージしながら洗い流します。市販のクレンジングは界面活性剤が使用されていることが多いので、敏感肌の人には不向きです。クレンジングを使用せずに、天然のオイルと洗顔石鹸を使用してメイクを落とす方法もあります。ココナッツオイル、ホホバオイル、オリーブオイルがクレンジング代わりに最適です。ココナッツオイルはさらっとした仕上がりが特徴です。ホホバオイルは保湿しながらしっかり汚れを落としてくれます。オリーブオイルはお手頃価格が魅力です。敏感肌に余計な負担をかけずにメイクをきちんと落としてくれます。