収益物件で将来を見据える|リスクを考えて行動

お金

時間がない人にお勧めです

不動産の契約書

リスク回避が重要です

不動産投資で重要なことはリスクを分散していくことです。不動産投資におけるリスクには様々なものがあります。賃借人が退去してしまい、収入が途絶えてしまうという空室リスク、ローンを組んだ場合の金利上昇リスク、地震や火災などのリスク等です。これらのリスクを一つずつ潰していくことで、安定した収入を確保することができるようになります。空室リスクについては複数の収益物件を保有することでリスクの低減を図れます。金利上昇リスクについては、早期返済を心掛けるか、長期固定金利でローンを組むことでリスクを小さくすることができます。地震や火災などのリスクについては、投資する収益物件の所在地を分散させることでリスクヘッジできます。

代わりに運用してくれます

リスクを小さくしていくことを考えることが不動産投資の醍醐味ですが、その時間がないようであれば、実物不動産に直接的に投資をするのではなく、上場不動産投資信託に投資をしましょう。上場不動産投資信託は複数の収益物件に投資をしている金融商品です。運用会社には不動産投資のプロが集まっており、保有資産の収益最大化及びリスク回避を常に考えてくれています。不動産投資をこれから始めようと考えている人だけでなく、すでに収益物件を保有して資産運用をしているものの、投資を考える時間があまりとれない人にとってもお勧めの投資商品です。株式市場で、株式同様に売買をすることができるので、インカムゲインだけでなく、相場環境を読みながらキャピタルゲインを狙うこともできます。

収益性の高い不動産の特徴

説明

大阪での再開発を背景として、不動産投資における収益物件を求める動きが活発になっています。賃貸相場の上昇も見込めることにより、サラリーマンを中心として物件探しも活況を呈しています。そのような背景の中で、セミナー開催も増えてくるとみられています。

収入源を増やす必要性

アパート

将来の不安が多い世の中では国に頼らないためにも、お金をより多く貯蓄しておく事が大切と言え、その方法の一つにアパート経営などの投資物件購入が挙げられます。今後も需要の高まる業界と言え、ターゲットを明確にする事によりリスクも軽減されるでしょう。

新たな不動産を購入する

不動産

不動産投資家が新たに魅力的な収益物件を見つけると、買取サービスを利用する事例が多いと言われています。売却して得た利益を収益物件の購入費に充てられるからです。しかし買取サービスの利用を独断で進めると、収益物件の入居者とのトラブルに発展するため注意すべきです。